齋藤 孝「読書力」、読書は楽しい

読書録

久しぶりに読んだ新書で、私に、本を読むのは楽しいということを思い出させてくれた本である。それ以外にも重要な気付きが幾つもあり、私にとって、とても大切な一冊だ。

この本を買ったのは確かずいぶん前のことだ。私がうつになって不登校になったり、引きこもったりする前である。多分その時に一読はしているはずなのだが、当時のことはほとんど覚えていない。だから、ここに書くことは最近読み返して考えたことになる。

そして、その最近というのもだいたい1ヶ月前のことだ。ちょうど私のブログが中断した時期である。実はこの本のことをブログに書こうとして、私のブログは止まってしまったのだ。当然、この本は全くもって悪くない。むしろ良過ぎて自分の主張が持てなかったのである。

読書は楽しい

この本は、久しぶりに読んだ新書である以前に、久しぶりに真面目に読んだ本だった。読んだ理由は、手元にあったから、というのが主だ。一応、もっともらしいことを言うなら、自分が読書をする必要があるのかを判断したかったから、だろうか。

この本を再び手に取る時、私は読書に対して否定的な気持ちを持っていた。小説や新書を読んでいるぐらいだったら、具体的な行動をするなり、実践的な勉強をするなりしたほうがいいと思っていた。

ただ、その考えはすぐにひっくり返ることになる。この本の内容に説得されたというのもあるのだろうが、何より読んで考えるのが楽しかったのだ。自分の考えと著者の考えとを比較して、何が違うのかを考えたり、どっちのほうが良いのかを考えたり。下手にたいしたことのない会話を人としているくらいだったら、そうやって本と対話している方が楽しいのではないかと思えるくらいだ。

楽しいという気持ちは何物にも代えがたい。私は今、趣味と言えるほどの趣味を持っていない。つまり自分にとって楽しいものが何なのかいまいちわかっていないのだ。なので、楽しいということは私にとってはとても重要なのだ。

ただ、楽しいいうことはかなり感覚的なものだから、語るのは難しい。なので、楽しいということ以外にこの本が私に与えてくれたものを記し、楽しいということは私にとってそれ以上であったという示し方しかできないのが残念だ。

自分の読書力、思考力

この本の中では、これくらい読んでいたら読書力があると言えるよ、という基準が具体的に設けられている。今の自分がそれに達しないのは仕方ないとして、以前本を読んでいた頃の自分でさえこの基準に達しないのには少々驚いた。

一概には言えないだろうが、読書によって思考力、コミュニケーション力、語彙力などが磨かれるとすれば、読書力の低い私はそれらの能力が低いだろうとも言える。

自分に対する周囲の評価から、私はそれなりに考える力がある方だと思ってきたが、大きな勘違いがあったらしい。考える力があるのではなく、考える姿勢を持っているというだけなのだ。そういえば、その考えに中身があるとまでは誰にも言ってもらった覚えがない。

考える姿勢というのは大切なものだとは思うから、その点は肯定的に捉えたい。だが、思考力があるとは限らない、というより多分低いというのは心に留めておきたいと思う。

話題としての本

この本は新書であるから、それほど難解な内容では構成されていない。私見だが、この本は新書の中でもかなり平易に書かれている方だ。そして、内容としても、読書をしない人を説得するようなものであるのだから、簡単でありながら魅力的なものとなっている。何をどのように読むべきかなどの実践的内容も述べられており、読書の動機づけのみに終わらず、読書のための道標ともなると感じた。

当然、自分としてもこの本を支えにしつつ読書をしていきたいと思うが、それと同等にこの本を周りの人にも勧めてみたいと思った。そして、話がしてみたい。あなたは読書をどう思うのか、これまでどうしてきたか、これからどうしようと思うか。

で、実際に家族に勧めてみたのだが、なかなか上手くいかなかった。それぞれに好きなジャンルがあって、今読みたい本というのが各自あったためだ。けれども、それぞれの読書観みたいなものが知れて面白かった。

なので、本は自分が読んで理解していれば、相手が読んでいなくても、話題にすれば面白いのではないかと感じた。具体的には、自分が本を支えにしつつ主張をして、相手に批評をしてもらったり、考えを述べてもったりする。

当然、双方が話題にする本を読んでいたほうが話がスムーズに進むのだろうが、相手に本の内容や自分の考えを一から伝える必要があるので、要約力などが鍛えられるのではないだろうか。そして、相手には本を読むことによって発生する先入観がないので面白い意見が聞けるかもしれない。

ただ、そもそも双方が話題にする本を読んできて語らうということをしたことがないので、説得力に欠けるかも知れないが。

これから

本を読む。それに尽きるのだが、それがなかなか難しい。

読んだら楽しいのは分かっているのだが、最初の、本を開くという行為を私はなかなかしないのだ。学校に行ってしまえばそれなりに動けるのに、学校に行くために家を出るのが大変、という過去の不登校の記憶と重なる。要は初動に苦労するのだ。

その点をなんとかするというのが一つある。

そしてもう一つ、読書会に参加してみたいと思う。周りに本の話ができる人がいないのなら、探しに行けば良いのだ。これについては、入れた予定をちゃんと遂行できるようにしなければいけない。基本的なことだが、あまりしっかりできていないというのが現状なのだ。

なんにせよコツコツ、小さなことからひとつずつこなしていくつもりだ。

おわりに

かつて、私は趣味の欄に読書と書ける人間であった。特別読書量が多いわけではなかったが、おそらく平均よりは読んでいた。そして、何よりその時は本を読むのが楽しくて仕方がなかったと思う。

その時、私は何を思いこの本を手にとったのだろう、何を思いこの本を読んだのだろう。こんなにいい本だったのに、覚えていないとは情けない。私がブログを書き始めたのはそう思ったから、というのもあるだろう。

おそらく、そんなきっかけ以外にも、もっと多くのものを本からもらっている。ここに記していないこともたくさんあるし、自分でさえ気づけていないこともたくさんあるだろう。

これからも本を読んでいろいろものをもらっていきたいと思う。

本を読みたい。今はそんな気持ちである。

コメント